メンタルヘルス

コミュニケーションが苦手、得意なことと苦手なことの差が大きい、不注意によるミスが多いと思われる同僚や部下とうまく仕事をするために

職場には、 コミュニケーションが苦手、得意なことと苦手なことの差が大きい、不注意によるミスが多いといった同僚や部下が少なくありません。そして、こういったことがメンタルヘルス不調などによる一時的なものではなく、もともと持っているその人の特性と...
ストレスチェック

ストレスチェックの集団分析結果のフィードバック内容と方法

ストレスチェック後の集団分析結果を把握したものの、各部署の上長へのフィードバックに悩む人事労務担当者の方の声はよく聞かれます。 「集団分析結果を組織長の通知箋のように受け止められ、管理監督者批判と思われた」 「組織長へフィードバック...
メンタルヘルス

ストレスが限界に達したときに出る症状・医療機関に行くべき徴候は?精神科医が解説!

「眠れない」「やる気がでない」「わけもなく不安になったり悲しくなる」「怒りっぽくなった」など、一般的によくみられる症状の原因は、ストレスかもしれません。 私たちは日々さまざまなストレスを抱えて生きています。 ストレスに自覚できて...
人事労務担当者向け

衛生委員会とは?設置義務・目的や役割、安全委員会との違いをわかりやすく解説

衛生委員会とは、労働安全衛生法第18条に基づき、常時従業員50名以上の事業場において設置が義務付けられているものです。 今回は衛生委員会とは何か、設置義務・目的や役割をわかりやすく解説します。 衛生委員会・安全委員会・安全衛生委員会...
人事労務担当者向け

職場環境改善のヒント・アイデア集|どのように進めたらよいか?具体的な方法を解説

2015年12月に従業員50名以上の事業場に義務化されたストレスチェック。 ストレスチェックの目的は、仕事におけるストレス要因を把握し、職場環境改善につなげ、従業員のメンタルヘルス不調を予防することにあります。 職場環境改善は、...
パワハラ

パワハラ防止対策|企業は何から取り組めばよいのか?

厚生労働省の調査によれば職場におけるパワーハラスメント(以下、パワハラ)は年々増加し、2018年度には、全国の都道府県労働局の総合労働相談コーナーに寄せられたいじめ・嫌がらせに関する相談は8万件以上にものぼりました。 2022年からは...
ストレスチェック

ストレスチェック制度の義務化とは?背景・目的・法律・実施の流れを解説!

2015年12月に従業員50名以上の事業場に実施が義務付けられたストレスチェック。 ストレスチェックが制度化され今年で年が経過しましたが、改めてストレスチェック制度の義務化の背景、目的や法律、実施の流れについて解説していきます。 ス...
ストレスチェック

進化したストレスチェックとは?実施効果を高める運用内容

2015年12月から制度が義務化されてから年が経過したストレスチェック。 義務化の内容は制度開始後からの変更はありませんが、職場環境改善等、従業員が働きやすい環境整備のためにストレスチェックの結果を活かす流れが様々な企業で見られるよう...
パワハラ

パワーハラスメントの定義|3つの要素や具体的事例をわかりやすく解説

企業がパワハラ防止措置を講じることが義務化される「パワハラ防止法(労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律)」。 2020年6月1日に大企業に対して既に施行されており、2022年4月1日からは中小...
パワハラ

パワハラ防止法|相談窓口の設置義務化、要件とポイントは?

2022年4月1日は全面的に施行される「パワハラ防止法」(正式名称:「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」)。 2019年6月1日に大企業を対象に施行され、中小企業に対しては2022年4月1...

(C) Japan Corporate Health Responsibility Consulting Co.,ltd All Rights Reserved.

タイトルとURLをコピーしました