ストレスチェック運用のポイント

労働者50名以上の事業場に年1回の実施が義務付けられているストレスチェック。
ストレスチェック実施の流れや運用のポイントについて解説します。

ストレスチェック制度とは?

「ストレスチェック」とは、定期的な労働者のストレス状況の検査です。

労働者にとってストレスチェックを受けることは、自分のストレスの状態を知り、ストレス対処方法を見直すきっかけになります。また、会社側には、ストレスチェックの集団分析結果を生かすことで、より働きやすい環境づくりのための職場の改善につなげることもできます。

またストレスチェックは、従業員等の受検者にとっては、自らのストレス状況を客観視する機会にもなります。

ストレスチェック実施の流れ

ストレスチェックの流れ

ストレスチェックの運営は、実施者、事務従事者を中心に行われます。

ストレスチェックの実施者は、労働安全衛生法において規定されており、「医師」「保健師」または、厚生労働大臣が定める研修を修了した「看護師」「精神保健福祉士」「公認心理士」と定められています。実施者になるには上記のような国家資格が必要となります。

実施事務従事者は、実施者の指示の下、ストレスチェックの事務を担当します。

ストレスチェック運用のポイントは?

ストレスチェックが義務付けているのは、従業員へのストレス調査と、高ストレス者の中で面接指導が必要ば場合は、面接指導の実施、その後ストレスチェック実施について全体を評価し、実施報告書を労基署へ提出することにあります。

ストレスチェックの結果報告書は労基署に!記入例・書き方・提出期限・電子申請の方法は?
従業員50名以上の事業場に対して年1回実施が義務付けられているストレスチェック。ストレスチェック実施後は、事業場単位で所轄の労働基準監督署に報告する必要があります。報告書というと煩わしいイメージがありますが、ストレスチェックの結果報告書は、

ストレスチェックの主な目的は従業員のメンタル不調を未然に防ぐ一次予防と職場環境改善です。現時点においては、ストレスチェックの集団分析と職場環境改善は実施義務はなく、努力義務となっています。

しかし、ストレスチェック運用のポイントは職場環境改善にあります。

職場環境改善を行う上で、ストレスチェック80項目版がおすすめです。
ストレスチェック80項目版はより詳細な職場環境について分析し現状を把握し、職場環境改善に役立てることができます。

ストレスチェックはCHRにおまかせください

CHRはストレスチェックの実施義務化以前から、企業様のメンタルヘルスケアをサポートしております。

ストレスチェックについて8年間の経験と40万人の実績があり、厚労省ストレスチェック制定委員メンバーの精神科産業医が運用を整備しています。

実施準備段階の体制構築から、ストレスチェックの実施、面接指導担当医師の手配、職場環境改善のご提案等トータルでサポートいたします。

全国対応しております。お気軽にお問い合わせ下さい。

ストレスチェック

 

(C) Japan Corporate Health Responsibility Consulting Co.,ltd All Rights Reserved.

タイトルとURLをコピーしました